治療について

しごとがうまくいってない。つらみ。

日曜の仕事終わりにこんばんは

ちょっとしたことですぐへこんでしまう癖をなおしたい・・・

 

今日は最近の摂食事情

とくに過食嘔吐&死にたみバツグンだった時代

(毎晩死に場所と迷惑かけず楽に死ぬ方法を検索してた)

が徐々にましになっていくまでどんな経緯だったのかについて

書いていこうとおもいます

 

 

過食嘔吐がはじまったのは

発病してから15年後だったので

どんだけひきずってんだお前って感じですが

10代のときは嘔吐恐怖だったので

過食嘔吐発症によりその恐怖症が克服できたんだなぁとおもいます

あと胃の運動量力やボディイメージが高まったんだなぁと思います

成長したが故の

自然の成り行きだったのではとおもいます

(ポジティブにいきましょう)

 

わたしはボディイメージが凄く弱かったので

(ダンスやってたけどできなさすぎて死ぬほど怒られた)

嘔吐してる人たちのブログ見ては

どうやって胃の感覚を掴んでるんだろうとか

身体を(症状とはいえ)あるていど自分のものにできてるよな

って一種の尊敬をもってました

 

ボディイメージについてはその後色々考えるところがあるので

また改めてかこうとおもいますが

まぁとにかく過食嘔吐できるようになってとまらんくなったんだわこれが

すげーなワシもとうとう嗜癖の高みに到達したなぁと思う反面

毎日*****円使うからどちゃくそ怖かったんだけど

 

 

ところで思春期に統合失調症発症しかけたとき

父が「お前もとうとう精神病の最高峰に立ったんだな!

よっ!!一人前!!

と手をたたいていたことを私は一生忘れません★ミ

とくに怒りも悲しみもないんですが

「なんでこいつはこんなにも軽々しくいえるんだ・・・

ってか親なのにこーゆーことを言っちゃうこと自体おかしい人なのかな!!!???」

とすごく判断にこまったことがあります

(今もなんともいえない気持ちがあry)

 

 

話を元に戻しましょう

過食嘔吐がはじまってからはもう毎日が天国と地獄の

大スペクタクルでした

仕事終わったらスーパーでお菓子を大量に買い込んで

食べ歩きながら帰る

帰ったらゲーゲー吐いてまた買出し⇒食べる⇒吐⇒略

これが人生の縮図だね母さん!!??という感じで

食べて天国吐いて地獄吐き終わったあとの飢餓の追い討ち地獄

を毎日毎日味わいました

 

 

けどまぁそうこうしてるうちに太ってきたんですよね

吐くのも完全に吐ききれてないし

吐いたら体中が凝ってむくむし

そのほかにも

歯も欠けるしイライラもひどくなるし

当時芸能の仕事もしてたのでどうしても仕事に影響が出て

「これはなんとかせねば生活が崩壊する」(←もうしてる気付け)

と焦り始めました

 

とにかく体型を元に戻さなくてはいけなかったために

過食を押さえる薬を飲めば体型は多少は戻るのではないかと治療開始

近所の心療内科にあたってみたのですがまったくおさまらず

かといってドクターも薬をあまりだしたくないという感じ

「こりゃもう自分でなんとかするしか・・・」と思いました

 

そこで当時愛用していた個人輸入サイトを思いつく!

肌荒れが酷く当時の美容皮膚科の薬では全く対処できなかったのですが

海外製品を使うことで(多少刺激は強くとも)短期間で

肌荒れが治ることがあったので

そのサイトで「摂食障害」「過食」を検索し

クチコミを読んで自分の症状が改善できそうなものを探しました

かなりリスキーな方法だったのでおすすめはしませんが

とにかく私は当時容姿が仕事において一番大事だったので

なりふりかまってられないし時間の猶予もなかったので迷わず決断

運よくその薬が合っていて

飲み始めて1ヶ月ほどでほとんど嘔吐がおさまりました

 

薬は抵抗のある人もいるかと思いますが

あうものが見つかれば生活がかなり楽になります

一度ためしてみるのもよいかとおもいます